後遺障害等級別賠償金額表

◎後遺障害は症状固定後その程度を医師が判断し後遺障害診断書を書き、その診断書から損害保険料率算出機構で等級が決定されます。
▼症状固定
└現在の治療を継続しても短期間の内にこれ以上の回復が期待出来ない。更に治療を中断しても悪化の可能性が考えられない場合。
◎以下の金額は自賠責基準の賠償金額です。

▽介護を要する後遺障害
第1級:4,000万円
第2級:3,000万円

▽後遺障害
第1級:3,000万円
第2級:2,590万円
第3級:2,219万円
第4級:1,889万円
第5級:1,574万円
第6級:1,296万円
第7級:1,051万円
第8級 :819万円
第9級 :616万円
第10級 :461万円
第11級 :331万円
第12級 :224万円
第13級 :139万円
第14級 :75万円
備考

※後遺障害認定の申請は、相手の任意保険会社を通して行うと、自賠責保険で支払われる後遺障害保険金(最高3,000万円、重度後遺障害の場合4,000万円)の受取りが任意保険会社経由となり、被害者は任意保険会社と示談をしてからでないと後遺障害保険金を受け取れなくなります。それを避けるために自賠責保険に被害者請求をし、後遺障害保険金を受け取った後に任意保険会社と示談をするのです。


[HOME]

Copyright:(C)
クロサワプランニング
交通事故Q&AのQRコード