弁護士に依頼

◎交通事故(死亡・重傷)で被害者・遺族になると、加害者が加入している保険会社が損害賠償の交渉をすることになる。
被害者・遺族=素人。保険会社=いわゆるプロ(支払うお金を少しでも少なくしたい)という図式に
相手(保険会社)と対等に交渉・示談するために"弁護士"が必要になる。

◎依頼の具体例
▼1級〜12級の後遺障害等級認定を受けた場合
▼脳挫傷、脊髄損傷など、介護が必要な重度後遺障害
▼遷延性意識障害(植物状態)
▼死亡事故

◎中には賠償額を増額させた場合のみ、その増額分の中で報酬が発生するというシステムの弁護士事務所もあるようだ。


[HOME]

Copyright:(C)
クロサワプランニング
交通事故Q&AのQRコード