ショック死への対応

▽死亡の原因の一つに、外傷によるものではなく、出血や折れた骨を見たことで気が動転しショック状態になることがあります。
▽ショック状態になると、負傷者の顔は青ざめ、反応が鈍くなり、心拍数が落ち、血圧が低下し、 適切な処置を施さなければ、やがて死に至ります。
▽他の人が出来る最良の方法は、負傷者を安心させ、「大した事はない大丈夫!!」 などと言葉を掛け、励まし、勇気づけることです。
▼間違っても「すごい出血だ!!」などという言葉を負傷者に聞かせてはいけません。


[BACK]
[HOME]

Copyright:(C)
クロサワプランニング
交通事故Q&AのQRコード